週間日記

記事をアップしようとしたところで画面が固まって消えてしまった14日の月曜日(泣)再度書く気にもなれずふて寝してました。<大げさ




14日(月)
ひぐあやの股関節脱臼の検診で指定された病院へ。とくに問題もなく終了。ちなみに4ヶ月健診は来週地域センターで。4ヶ月健診の時に一緒にやらないのは、病院は小児科もある地域の総合病院なので診察券をつくっておくという意味合いもあるのだろう。

15日(火)
保育所が夏休み。まぁ預かってはくれるのだけど。ちょうど某英語教室の体験教室がある日でひぐももに聞いたら、行ってみたいと言うので申し込みしたのでした。しかし、ひぐももの腕やおなかに虫刺されみたいな赤いポツポツが出ており、前日より増えていたので午前中は病院へ。いつも行っている小児科はお盆休みで昨日ひぐあやと行った総合病院の小児科で受診。3年前とびひで大変だったのでひどくなる前に受診したのだが、先生からはとびひかどうかわからないと言われてしまったorz 疑わしいところは全部ガーゼを貼ってブロックをしていたこともあってか、ひどくなっていない為いわゆるとびひらしい所見がないとのこと。とりあえず塗り薬をもらう。

午後は英語体験教室へ。お盆休みのせいなのか今日はひぐももひとりだけ。先生と1対1でラッキーですよと受付のお姉さんから言われた。アイルランド人の男の先生だったけど特に泣きもせず楽しそうに遊びながら学んでいた。<教室の窓から中の様子を見ることができる。 終了後、楽しかったと言うひぐももだけど「また行きたい!」という言葉はない(^^;そういう言葉があったら申し込むのもいいかなと思っていたけど、どうやら体験で終わりそうです。

でもおもしろいことに、この体験教室の後にひらがながの神様が遊びにきてくれました。最近ひらがなを読めるようになってきてたひぐももだけど、「あ」と「お」、「は」と「ほ」、「め」と「ぬ」などまだまだ間違えることが多かったし、紙に文字を書こうという気持ちも自分の名前以外はなかった。しかし、今回の体験教室の後、ひらがなを読んだり書いたり(読もう、書こうとする意欲)がとても活発になった。不思議。英語だけの刺激でかえって日本語(ひらがな)を意識しやすくなったのかな。脳の言語中枢が刺激されたのかしら?

ひぐあやのオムツ替え&授乳した時に赤ちゃんルームにあった測定器で測ってみました。体重:約7200g/身長:約60センチ すくすく育ってます(^^;えぇ、オムツもMサイズにしました。

16日(水)
新潟へ行く予定@代表応援はひぐたくの仕事の都合で中止@前日決定となった。急な話なんだけど、せっかくのチケットがもったいないのでいろいろ声をかける。<仕事先の人に決定。よかった。

オシムジャパン、生巻<春巻きじゃないよ(^^; が見れなくて残念なのだが、それよりも久しぶりの新潟に行けなかった方がショックかな。地域は違うが新潟は母の実家があったところで小さい頃は何度もいった。<上野からあさまに乗ってね。 最後に行ったのは祖父のお葬式のときだから14年前。ちょうど母が入院中で看病している父に変わって弟と二人で行ったんだ。滞在中に母の容態がと連絡が入って慌てたりとワタワタしてたな<祖父は8月、母は9月と同じ年に亡くなっている。

18日(金)
午前中は保育所をお休みして、いつも行っている小児科(お盆休み明け初日)でひぐもものとびひを診てもらう。15日の受診でもらった薬はつけているのだけど、また増えていたのだ。しかしやっぱりとびひとははっきり診断できないとのこと。うーん確かに虫刺されにもみえるのだが、それだと増えている理由がわからない。他の家族は全く刺されていないし、保育所でというのも違う気がする。そういうことを先生に伝えると虫に1か所刺されて反応してしまうということもあるそうだ。アレルギー反応みたいなものか。夏の疲れが出ているのかな?飲み薬を処方してもらい様子をみることに<塗り薬は15日にもらったものをそのまま使用。 

そのまま保育所へ。ちょうどプールの時間が終了したところだった。ひぐももは大好きなプールができなくて拗ねていたけど(^^; どっちみちとびひの疑いのある人はプールには入れませんから。とびひの診断が出たら保育所をお休みさせないとと思っていたけど、めちゃくちゃグレーゾーンだ。先生に受診内容を伝える。登所を控える必要はないとのことでホッと一息(^^;<仕事@伝票整理を今週中にあげないといけないので休まれるとかなりキツイ。

それにしても何だか病院三昧の1週間だったな。
[PR]

by tomotakumomo | 2006-08-20 04:46 | いろいろと