カテゴリ:癒し( 7 )

福島市近辺のママさん&プレママさん♪

見てる人いるかな~(^^; 告知です。ハンドマッサージを行います@300円
スタッフとして参加している育児サークルの交流会で3ヶ月に1回ですがアロマのハンドマッサージをすることになりました。両腕のひじから手先までをトリートメントします。
詳しくはアクティブ*マムのHPをご覧ください。<次回は7月9日(水)に開催します。

久々にアロマ復活。先月サークルスタッフ仲間に実験台(^^;になってもらい練習済!苦情はなかったので大丈夫かと思います(爆)

よろしくお願いしますm(_ _)m
[PR]

by tomotakumomo | 2008-06-26 00:21 | 癒し

嬉しい電話

今朝、higumomoを送った後、家で一息ついていたら電話がなった。時間が時間だからセールス電話?とも思ったのだが...思いっきり違った(^^;

それは小学校以来の幼なじみMちゃんからの電話でした。

小学校の時にお互い転校(福岡と神奈川)して手紙や年賀状のやり取りがずっと続き、社会人になって彼女が結婚し転勤で東京に来た時に十何年かぶりに再会して、またその後お互い転勤や引っ越しでという状況で、遠距離恋愛ならぬ遠距離友人(現在は近畿と東北)のMちゃん。

声を聞くのもお互い久しぶりだったんだけど、すぐにわかった。まだまだ私の脳みそもボケちゃいませんでしたよ(笑)お互い近況報告をして<以前会ったのはもう13年も前だった。 いろいろなことがある年代になってきたね〜なんて話しつつ、子育てが一段落したら絶対に会おうね!と約束♪いつになるかわからない約束だけど、なんだかとっても嬉しい約束(^^)今からとっても楽しみなのであります♪
[PR]

by tomotakumomo | 2006-07-03 23:03 | 癒し

今日から4月!

東京はポカポカお花見日和です♪...と言いつつ私はネットカフェにいますが(笑)<アロマルームでハーブティー飲んでリラックスしてます(^^)


さてさて、おなかの中の人はというと明日以降出てくるのがほぼ確実。ありがとう!Babyちゃん♪明日以降ならいつでも良いのですが、私的には5日頃かしらと思っています。その根拠はというと、ある星座占いの本で5日が上弦の月なのですが、その月の影響を受けやすいお誕生日が私と一緒だったからです(ワハハ) 出産に月の満ち欠けが影響するという話は有名ですが、どうなるでしょうね。

先週と昨日とリフレクソロジーを受けたのだけど<higumomoの時にもお世話になった先生で、すでに1000人近くの妊婦さんの足を見ているのです!超気持ちいい♪
今回は足の状態がhigumomoの時より良いらしく(=冷え、むくみがない)、私も嬉しい限り(笑) 足を見れば赤ちゃんが下がってきているのもわかるし、性別もだいたいわかるらしい。<先生の師匠は99%の確率で当てると言っていた。
それと身体的なことは右足、精神的なことは左足に出やすいとのこと。先週受けたときは左足を痛いと感じることが多くて聞いてみたところ、出産する方向でトリートメント受けるかどうか少し迷っていたのでその不安定さが足にでていたらしい。すごいよな~。
ちなみに先生には4月3日4日頃出産かな~と言われました。陣痛が始まればお産も早そうと言われたことも私には大きな励み!<前回はかなり時間がかかった。今回もBabyが大きそうなのである程度は覚悟しているのだ(笑)

さてさてどうなることやら、二人目の出産だけどドキドキ&ワクワク&ソワソワな気分で過ごしています(笑)
[PR]

by tomotakumomo | 2006-04-01 12:29 | 癒し

な、なんとか

合格できたようです。ほっ。

10月の大事な用事の一つがアロマの試験なのでした。当初は9月の始めだったのですが、スクール側の都合で10月末に延期になり...まぁ、その間コツコツとですね勉強できていれば何の焦りもなかったわけですが、まぁそこはねぇ(^^;という状況でして。

試験は、解剖生理学とアロマセラピー概論にトリートメントの実技の3科目。朝から夕方まで1日かけての試験でした。終了した後、答えあわせをする気にもなれず<激しく落ち込むことが予想されたので(^^; おまけに『あと1点!足りなかったのよ。惜しかったわね。再試験ね』なんて夢までみてしまい...気分はブルー。しかも結果は、約1ヶ月後に郵送でとのことで、もんもんとした日々を過ごしていました。

先日の土曜日に郵便受けを見てみると...スクールから1通の封筒が!恐る恐る開封して<小心者(笑) 安堵です。でもここからがスタートっす。勉強したことを忘れないようにしなくては!<かなり危険(^^;
[PR]

by tomotakumomo | 2005-12-01 23:08 | 癒し

二冠達成の勢いデス(^^;

絶対に疲れているハズと踏んで、いつもいっている整体の予約をこの日にしておいた。ただでさえ、明日のジョーの白い抜け殻状態でしたので、予約しておいて正解でした。

なんの二冠かというと...
[PR]

by tomotakumomo | 2005-06-03 11:09 | 癒し

1週間以上経っておりますが...

書いておくぜっ!<なぜかいきなり強気(^^;

3月26日(土)に書いたけど、こっちは朝起きて外見たら雪だったのよ。でも東京は晴れてるとのことなので、コートも春物にして出かけました。新幹線の切符も時間は調べておいたけど買ってなかったので、新幹線乗り換え駅にて、まだ早い時間だしと思い自由席を購入。しかし、すぐに後悔することに(T_T)席なんて一つも空いてませんでした。仙台発だから大丈夫かと思ったのに甘かった...そーだよね、早い時間だからこそ、空いてるわけがないんだよ。春休みだし。楽天の応援の人達もいるかもしれなし。しかたなく、ドアに寄りかかれる位置をキープする。東京で満員電車で通勤していたのに比べれば楽勝よ!小田急の超満員電車だって乗ってきたんだ!でもやっぱり寝不足の体には少しつらかったッス。膝がガクッと落ちたのが2回ほど<けっこう恥ずかしいんだよね(^^;

東京到着後、仕事(仕入れ先)へ。今日は、higumomoもいないし身軽だから早く終われるかなぁと思っていたけど甘かった...終了ギリギリまでいて、しかもその時間は待ち合わせの時間だった(^^; 友人に速攻連絡を入れて、速攻集合場所の新宿へ。

今回の集まりは、学生時代のバイト仲間の集まり。また1年ぶりに集合です。今回は九州に転勤になる友人がおり、その送別会。なんだけど、よくよく話を聞いてみると今年の秋に移動なのだそう。今回は予行練習?また夏にやろうなんて話をしてました(笑)。ちょうど春休みで大阪から実家へ帰ってきている友人もおり、1年以上ぶりに会うメンツも。
同窓会とかと同じで話す内容ってもう何度も話している当時のことだったりするんだけど、今だから聞ける話とかもあって、もう久しぶりにお腹がよじれるくらい大笑いしてきましたです。結局、3次会までつきあって、その後は友人宅へお邪魔させていただきました。帰ったあともいろいろ話して、すっごく楽しく充実した時間が過ごせましたよ。友人宅はもうすごく居心地が良くてですね、次の日もギリギリまで居着いてしまいました(笑)<手作りパンをお土産にもらったのに忘れてきて大ショック!また遊びに行くぞぉ〜

翌日は、ママ友宅へ
[PR]

by tomotakumomo | 2005-04-05 00:54 | 癒し

自分は昇華できているのか...

先日、本屋で何かないかなぁ〜と物色していたら、スピリチュアル・カウンセラーで有名な江原啓之氏の本が目に留まった。何冊も出版されている本をパラパラとめくり結局2冊購入。江原氏によると、偶然というものはなくこの本を手にしたこともあなたに必要だからということらしい。まぁこういう世界観(という表現でいいのだろうか?)を全く信じていない人もたくさんいるのだろうけど、私はなるほどと深くうなづけるものがありました。

そのときは何も感じないとか、何の役に立つのだろうということもあとから「あぁ、このためのことだったんだぁ」とか「あの経験があったからだ」と思ったことはないですか?私の実体験としてーーー現在の仕事(サービス業)は、ひぐたくの実家が経営しているお店の手伝いをしているわけですが、今まで私がやってきた仕事内容(アルバイト含む)やその経験がすごく活かされています。今までやってきた仕事をしていた当時は別に何も考えずというかもちろんやりたい仕事をしていた訳ですが、あぁ無駄なことは何もないんだなぁとすごく実感しました。それから、自分が求めていることのアンテナを張っておくとそれに関連した良い御縁がたくさんできたり情報が入ったりといったことも。この部分は自分の環境が大きく変わったからかとくに引っ越しをしてから感じます。


前置きが長くなりました(^^; で、今回トラックバックしたShimangちゃんの日記を読んで、あぁ私はまだこの気持ちを昇華しきれていない気がすると感じたので書くことにしました。<これも何かの必然なんでしょうかね?

流産---今から6年前、ひぐももを妊娠する4年前に経験しました。結婚して2年目のとき。妊娠11週目に入り、心音も確認できたので母子手帳ももらいに行ったあとの出来事でした。突然、不正出血があり病院に行って診察してもらうと心音が止まっていると。数日後にまた診察して心音が確認できなければ、処置しますとのことでした。結局心音は確認できず、翌日手術を行うことになりました。ひぐたくに泣きながら電話をしたのを覚えています。

当日は、仕事が忙しい中、ひぐたくが仕事を休んでくれました(でも手術中は待つだけだからということで先生に終わったらまた来てくださいと帰されてました)。処置前にトイレに行ったんですけど、そこですごく気持ち悪くなって---貧血で倒れそうになりました。今考えると自分自身がこの事態を受け止めきれなかったんでしょうね---トイレから看護婦さんに抱えられるようにして手術台(診察台と一緒?足を乗せたから)へ。血圧は80を切ってましたのでかなりヘロヘロな状態でした。そこへ全身麻酔の注射をされて数を8まで数えたところで意識が遠のき、次に気が付いたときには布団の上でした。時間の感覚もなくて、手術がこれから始まるのかと思ってすごく重たい気分になりました。なんとか記憶をたどり「あぁ、もうおなかに赤ちゃんはいないんだなぁ」と漠然と頭に浮かびました。そして手術のときに使った器具のカチャカチャという金属音がやけにリアルに思い出されました。病院から出されたおにぎりとお味噌汁がいやに美味しかったです。なんかしょっぱさがね、たくさん泣いて塩分が少なかったのかな...。

数日後、術後の診察で産院へいったときに先生が「だんなさんも涙していたよ。泣いてくれる優しいだんななんだから大切にね。赤ちゃんはまたすぐできるから」と言われました。しばらくは、まさか自分が流産なんて思いもしなかったので「何が悪かったのだろう」とか「○○をしたからかも?」とか、悶々として泣いて...今から思うとちょっとヒステリックな状態でした。

結局、赤ちゃんがやって来てくれたのは4年後でしたが、今になってすごく思うことは、赤ちゃんは赤ちゃんが来たい時にやってくるんだということ。6年前は少しタイミングが合わなかったんだと思います。そして、流産も自分にはきっと必要なことだったのだろうということです。この出来事がなければ、助産院で出産ということもなかったろうし。母乳育児をしてなかったかもしれないし。スリングとも出会ってなかったと思うし。そしてたくさんの素敵なママ友達とも出会っていなかったと思うし。今に繋がる出会いもなかったでしょうし。


江原氏のいう偶然はないということをホント体と心で実感できたことです。結構時間はかかりましたけどね(^^;

うーん、実はもう一つ昇華しきれていないことがあります。それは母の死。もう少し先かな?まだ今じゃない気がします。時期がきたらまた書きたいと思います。
[PR]

by tomotakumomo | 2004-11-03 11:35 | 癒し